【ドラゴン堀江・延長戦】TAWASHIのセンター結果2020

2020年1月26日


スポンサーリンク

センター試験結果は?

2019年ホリエモンが6ヵ月もあれば東大受かる的なことを発言したことから『ドラゴン堀江』という東大受験リアリティショーがABEMA TVで放送されていました。

昨年はホリエモン(東大文学部中退)以外に、TAWASHI(芸人・早大中退)、オバンドー吉川(芸人・立教理学部数学科)、わちみなみ(グラドル・明治卒)とそれなりの学歴の人を揃えました。

結果は、ホリエモンとTAWASHI以外はセンター足切りも通過できませんでした。

昨年の詳細点数『ホリエモン』『TAWASHI』『わちみなみ』『オバンドー吉川

しかし、諦めきれない人がいました。それがTAWASHIです。

彼は2020年も1人東大受験を続けていました。

その結果が下記です

2020年 2019年 差分
英 語 149/200(74.5%) 131/200(65.5%) +18
国 語 179/200(89.5%) 174/200(87.0%) +5
数 学 116/200(58.0%) 138/200(69.0%) -22
理 科 78/100(78.0%)  67/100(67.0%) +11
日本史 95/100(95.0%) 92/100(92.0%) +3
世界史 94/100(94.0%) 88/100(88.0%) +6
合 計 711/900(79.0%) 690/900(76.7%) +21

昨年よりも数学以外、全ての点数が上がっています!!!(ナイスー

昨年同様、文Ⅰ出願なら足切りが無い可能性がありますので、2次試験に辿り着けるかもしれません。

2次試験突破できるか?

東大の文科合格には、2次試験の点数が最低280点程度のスコアが必要とされています。

上記のセンター試験を見る限り、2次試験は厳しいっていうのが大方の見方だと思います。

英語

2次英語は半分いけば御の字じゃないかと思っています。

それでも残り1ヵ月あるので、まだ点数は伸びるし、チャンスもあると思います。

90/120くらい取れれば、可能性が出てくると思います。

国語

センター国語を見る限り、古典もそこそこいけそうな気がします。

ただ、国語っていう科目自体がそこまで差が出る科目ではないと思います。(文系だと違うのかしら?

国語に関しては合格者平均くらいは獲りたいと言ったところでしょうか?

80/120くらいは届いてくれると信じています。

数学

本番まで1ヵ月以上あるのですが、数学は絶望的です。

数学めっちゃ出来る人で、2次試験対策しかしてない人が、

センター対策全くせずにやっちまった場合、残りの期間で仕上げてトンデモない高得点なんてケースも稀にあります。

が、TAWASHIさんの場合は、それはまず見込めません。

上記の点数ですと、2次試験の数学は10/80くらい取れれば良い方ではないでしょうか?

下手すると、数学は0点の可能性さえあります。

センター模試では平均80%獲れていたとのことなので、どーにか、20点以上は獲って欲しいです。

社会

社会は残りの1ヵ月で仕上げが利きそうです。

が、センターの段階ではありますが、かなり仕上がっているので、どの程度の伸び代が残っているのかが問題です。

本人も社会が好き、得意なようなので、50/60点近く獲って欲しいです。

このくらいは必要

最低でも下記くらいのスコアは欲しいです。

英語(120) 国語(120) 数学(80) 社会1(60) 社会2(60) 総計
目標点 90 80 20 48 48 284

センター試験も特別高得点ではないので、実際はもう少し上乗せしないと厳しいと思います。

現状だと数学の20点も届くか分からないので、他の科目でスコア積む必要があるのですが、

社会で90%以上というのは、正直、現実的ではないので、英語と国語しかないと思います。

英語で3桁も普通に考えると相当ヤバイレベルなので、恐らく無理です。

国語の3桁も・・・・

やはり、数学のスコアを上げない限りは厳しいのですが、現状ここを上げるのは相当に厳しいです。

知っている問題が偶然出て、完答出来るなんてことが必要なのではないかと思います。

それでも残り1ヵ月本当に頑張って欲しいです!

スポンサーリンク