【こどおじレビュー】ヘルメット用ワンタッチクリップ(偏差値63)

2020年1月7日


スポンサーリンク

ヘルメットの脱着が面倒問題

私は以前のレビュー『【グッズレビュー】ICON Air flite(偏差値58)』で書きましたが、ICON Airflite というヘルメットを使っています。

このヘルメットの使い心地等に関しては、レビューを見て欲しいと思います。

そこには書いてないですが、使い辛い点の一つして、アゴ紐の形状があります。

Dリング方式

ICONのヘルメットもそうなのですが、Dリング方式といって、2つのループに紐を通して、折り返してもう一度ループに通して、ボタンで留める。

書いているだけでも複雑なこの作業をヘルメットを脱ぐ度にしなければなりません。

このタイプはもう何十年も前からあるので、安全性の面では非常に高いのだと想像します

とは言っても、この方式は面倒なのでボタン留めだけだったり、それさえしない人もいるかと思います。

しかし、何かあったときにヘルメットが脱げてしまう可能性があるので、これは大変危険な行為となってしまいます。

だから、もしものときのためにも、アゴ紐はシッカリ絞めておく必要があります。

バックル方式

最近のヘルメット(全部じゃない)ですと、アゴ紐を絞めるときにワンタッチのバックル式のものを採用していたりします。

これが凄く便利で、グローブをしていても、態々グローブを外すこともなくアゴ紐を付ける・外すことが出来ます。

構造的には、特別珍しいものでもないので、後付け出来ないのかと思いアマゾン検索してみるとありました!

当然、同じものではないですが、クリップ式のものがありました!

後付けアイテム

今回は「キジマ(Kijima) ヘルメットワンタチクリップ スチール L」を購入しました。

他にも何種類かあったのですが、保有ヘルメットの紐の幅が24mmのため、これしか合うものが無かったのでコレにしました。

購入前にレビューを見ると、「取り付けるためにボタンを外した」「ボタン箇所が入らない」等、

ヘルメットによっては、ボタン箇所でトラブルが発生するようです。

そして、ICON Airflite も御多分に漏れずに、このケースにぶち当たりました。

どのようにしたいのかというと​中央の金具を跨ぐようにして、アゴ紐を通す。

ショルダーバッグだったりの長さ調節のときと同じです。

金属の留め具がなければ、問題ないのですが、この留め具があるため、

ボタンの厚み(7mm)+紐の厚み(2mm)の方がループの隙間より厚くなってしまい紐を金属ループを介して通すことが出来ません。

解決方法

そこで、この問題解決するためには、多少の手作業をしなければなりません。

  1. マイナスドライバー等を使って、ツメを緩めて、金属の留め具を外す
  2. ループにヘルメット紐を通す
  3. 金属の留め具を戻して、それを介すようにして、再度ループに紐を戻す
  4. 金属の留め具をペンチ等を使って元に戻す

1,2,4は誰でも出来ます。簡単です。

ただ、1で注意して欲しいことが、ツメを余りに上げ過ぎると、恐らく金属が折れます。

次に3番は普通にやっても上手くいかないはずです。

知恵の輪じゃないですが、少し頭使わないと、ボタンが邪魔をして紐を通すことが出来ません。

コツとしては、ループ穴に対して平行な留め具を斜めにして、穴の箇所を一部広く取るようにすることで、ボタン通過させることが出来ます。

 

ってな感じの作業を終えるとクリップ式のアゴ紐の完成です。

偏差値は?

使ってみた感触はめっちゃ良いです!!!

ヘルメットの脱着がめっちゃ楽になりました!!!

ただ、アマゾンレビューで「クリップ外れなくなった」「ロックしなくなった」なんて報告が複数挙がっているので、今後途中で壊れる可能性もありそうです。

が、取り敢えず、現段階では非常に良いです。

安全性に関しては、標準のものと比べどの程度なのかは分かりませんが、取り合えずの使用感としては簡単に外れるようなことはありません。

グッズ偏差値は、使い心地からすると高め設定にしたいのですが、

  • 使えるようにするまでに一仕事が発生する点
  • レビューで即ぶっ壊れた報告
  • 個人的には小さいものにも関わらず、結構重たい

ので、今回は偏差値53くらいにしておきます。

当サイトの使用及び閲覧は、お客様自身の自己責任でなされるものであり、当社は本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

追記(2020年1月7日)

使用し始めて2,3週間経ちますが、グローブ付けたまま、簡単に脱着出来て、非常に使い勝手が良いです。

「10回の脱着で壊れた」なんて、アマゾンレビューを見ましたが、そーゆーことはないです。

重さは付けてしまえば気になりません。

が、メット全体としては重くなることは間違いなく、首に多少なりとも負担があるとは思います。

しかし、本当にメットの脱着は本当に楽になります!!!

装着するのに一手間掛かりますが、それを差し引いても利用して良かったです。

ってことで、偏差値53にしていましたが、価格も1000円以下と低価格でお勧めです。

Goods偏差値に関しても、63に訂正いたします。

スポンサーリンク