【グルメ】腰塚(自由が丘・ハンバーグ)


スポンサーリンク

腰塚(ハンバーグ)

腰塚は元々は黒毛和牛の精肉店で事業のひとつとしてレストランを行っています。

自由が丘においては「ステーキ&ハンバーグ」、「焼肉」「精肉&総菜」の3つを提供しています。

​「ステーキ&ハンバーグ」と「焼肉」「精肉&総菜」を提供している店舗は別々となっており、どちらも駅近スグのところにあります。

今回は「ステーキ&ハンバーグ」を提供している腰塚にランチ訪問しました。

味とか

今回頼んだメニューは「タルタルハンバーグ&腰塚ステーキ(和風おろし)」のご飯セットです。

写真の通り、熱々の鉄板で提供されます。

肉はステーキ、ハンバーグ共にミディアムレアで注文しましたが、レア度が高く、鉄板と焼き石を利用して好みの焼き加減に自分で仕上げます。

味に関しては、ハンバーグもステーキも普通価格のファミレスよりはオイシイ程度の感想です。

何万円も払っている訳ではないので文句を言うつもりはないですが、「和牛??」と思ってしまいます。

神奈川県を中心に展開している『ステーキ&ハンバーグ』専門のファミレス『ハングリータイガー』、そっちの方が好みです。

今回ご飯セットで頼んでいますが、通常のライスに200円追加してコーンビーフご飯にしています。

コーンビーフご飯は腰塚の名物料理のひとつで、コーンビーフ丼としても提供されています。

缶詰のコーンビーフに比べると、塩気がマイルドで油っぽさも控えめといった感じがします。

ただ、丼にしてまで食べたいかというと個人的にはそこまでかなと思います。

お店に関して

『ステーキ&ハンバーグ』を提供している腰塚は駅近くのペンシルビルのため、入り口は狭いです。

店内に関してはシックな雰囲気でそこそこ広い店舗です。

食事の提供もそこそこ早いので、そーいったストレスはなかったです。

『焼肉』を提供している腰塚も行ったことありますが、ビル、お店ともそっちの方が綺麗です。

1Fでは精肉と総菜を提供しており、2Fで焼肉を提供しています。

価格

今回注文した『タルタルハンバーグ&腰塚ステーキ』のご飯セット(コンビーフ追加)は価格は3600円

自由が丘で、この価格なら『焼肉』の腰塚や花十番(焼肉)、トラジ(焼肉)、まんぷく(焼肉)でも食べられます。

鰻屋の『ほさか』でうな重食べてもお釣が来ますし、寿司の『季和』のランチも行けます。

自由が丘で4000円払うなら、より良い候補がぱっと思い浮かんでしまうのが、実情なので、態々リピすることはないかな

マップアドレス

自由が丘駅前、徒歩30秒とか、そのくらい

スポンサーリンク