【グルメ】大阪マドラスカレー(赤坂・カレー)


スポンサーリンク

マドラスカレー

関西だと複数店舗がある(らしい)老舗店のマドラスカレー。

東京では、赤坂、吉祥寺、下北沢にあり、YouTubeの宮迫チャンネルで紹介されたのを見て以来、一度は訪れたいと思っていたお店です。

リーマン辞めて以来、赤坂なんて殆ど来ることないので、ダイエット中ではあるのですが、立ち寄ってしまいました。

ビックリするのは、東京でお店の経営を行っているのが、俳優の北村一輝さんです。

北村さんが関西にいた時に、マドラスカレーの味に惚れ込み、何度も通って、東京に出店するなら「自分にやらせてくれ」ということでオープンしたそうです。

俳優だけでなく、実業家としての能力も持ち合わせており、北村さん凄いです。

味とか

味に関しては、口に入れた時はフルーティーでかなり甘く感じます。

食べ続けている内に辛味が出てくる感じですが、強烈な辛さではありません。

辛味が欲しい人はテーブルにある辛味スパイスを掛け調整すると良いです。

ルーはサラサラというより、とろみがある感じのもので、ゴロゴロ野菜が入っているといったものではないです。

特別な味というより、どっかで食べたことがある、知っている味という感じがしました。

また、甘みが強いので結構好みが分かれるのではないかと思います。

カレーなので、出てくるまでは早いです。(写真は小サイズ)

今回はカキフライをトッピングにしているので、揚げあがるまでに4,5分の時間を要しました。

カレーを頼むと一緒にサービスでサラダも提供されます。

日によって違う可能性はありますが、レタス、キュウリ&フライドオニオンにオーロラソース掛けという感じです。

フライドオニオンが良いアクセントになっています。

行列他

お店の前に券売機があり、そこで購入してから入店する形式です。

お店自体はそんなに広くなく、店主1名でやりくりしており、席数は9席です。

9席しかないので、行列が出来そうではありますが、カレーの提供が早いので回転速度は速いと思われます。

現在はコロナでの緊急事態宣言中&月曜日の15時過ぎ頃、アイドルタイムということもあり、入店したときは私1人でした。

その後、1名お客さんが来ていましたが、ソーシャルディスタンスが求められている現在では良かったです。

価格

カレーの価格はサイズによって700円~900円となります。

ココイチでもトッピングを付けると1000円を超えるので、普通の価格だと思います。

平日16-18時はサービス商品のラッキーアワーカレーというお得商品があり、玉子、ドリンク付きで更に価格も安く滅茶苦茶お得です。

テイクアウト

現在はコロナ禍ということもあり、テイクアウトも可能です。

赤坂店に関しては、Uber等の宅配サービスにも対応しています。

マップアドレス

赤坂BIZタワー向かいの路地

赤坂見附駅から歩いて4、5分くらい、赤坂駅から歩いて1,2分くらいです。

スポンサーリンク