【グルメ】Chinese 4000(広尾)

2020年11月23日


スポンサーリンク

Chinese 4000

Chinese 4000は、中華の鉄人・陳健一さんの弟子で、有名シェフの菰田欣也氏がオーナーを務める完全予約制の高級中華料理店です。

ボク自身は高級店とか余り興味がないのですが、東大の友達で超グルメな男がいて、彼と半年に1回くらいこーゆー店に行っています。

店舗の雰囲気

場所は、広尾駅から広尾ガーデンヒルズの脇を抜け、歩いて10分くらいでしょうか?

名門幼稚園の若葉会幼稚園とかアッチの方面です。

お店はビルの1階にあり、店内は黒っぽい色を基調としたかなり落ち着いた雰囲気の作りになっています。

高級店なので、ワイワイガヤガヤというよりは、しっとりとした時間と空間、そして料理を楽しむといった感じです。

菰田シェフの話ですと「先週は有名な政治家がいらっしゃった」とか仰っていたので、高級接待やここぞのデートで利用するといった感じのお店です。

お店はカウンター席と個室で構成されいます。

ボクらはカウンター席に座っていましたが、個室だとしても、恐らく、他の高級店同様に菰田シェフが挨拶に来られるとは思います。

この店に行って驚いたのは、菰田シェフが実際にお店にいて、最後の盛り付けだったり、料理の説明してくれる点です。

TVに出たり、もう少し手頃な価格帯のお店も経営され、忙しいので店に立つことは無いのかと思っていました。

話を聞くと、各店舗、それなりに顔出すようにしているとは仰っていたので、ファイヤーホール4000(五反田、虎ノ門)でも運が良ければ、お会い出来るようです。

ただ、やはりメイン店舗は広尾なので、夜はこちらが多いようです。

かなり気さくに色々と話をしてくれる方です。

料理に関して

お店の予約を入れたのは、友達なので詳細分からないのですが、恐らく最初に「この位の金額でお願いします」というみたいです。

ボクらが頼んだのは、3万円/人で別途お酒代等を支払って、全部で8万円近く払っています。

この料金には菰田シェフ(有名人)と話す(同じ時間を過ごす)といった目に見えないプレミアが含まれているのだと思います。

予約時に菰田シェフがいるかどうか、これは確認しておいた方良いと思います。

そして、是非、菰田シェフがいらっしゃるときに来店することをお勧めします。

料理に関しては、高いお金を払っているので、当然かもしれませんが、見た目にも豪華な食材が贅沢に並んでいました。

味に関しても、どれも失敗なんてものはありません。

アミガサダケのスープは出汁が非常に良く出ており、他では味わったことの無いような味でした。

よだれ鳥 アミガサダケのスープ
イカの炒め物 フカヒレの姿煮・ウニ添え
オマールの四川風炒め 牛肉のステーキ(だったかな?)
鮭の焼き物(だったかな?) 紅茶ゼリー(だった気がする)

ビックリするほど美味しかったのは、北京ダックです。

今まで食べた北京ダックの中で一番美味しかったです。

皮のパリパリ感は当然ですが、肉の脂の甘さと丁度良い歯応えが癖になります。

北京ダックはパリパリの皮を食べるものだと思いますが、この北京ダックは肉部分がとてつもなく旨いです。

プレーン味と梅肉を挟み込んだものと2種類出てきましたが、どっちも堪らなく美味しかったです。

正直、これだけおかわりしたかった。

で、写真を撮り忘れましたが、この他に麻婆豆腐、回鍋肉、汁なし担々麵から一つメニューを選べます。

ボクは汁なし担々麵、友達は麻婆豆腐を頼みました。

上記の3つは恐らくいつ行っても食べられるメニューだと思いますが、他のメニューに関しては設定金額が同じだとしても、毎回同じものが出る訳じゃないはずです。

予約時に依然食べた「何々」と伝えれば出してくれる場合もあると思います。

北京ダックは定番メニューなので、毎度あるとは思いますが、どーなんでしょ?

感想etc

幾らから料理設定してくれるのかは分かりませんが、高級店なので、コース料金だけで最低15,000円/人くらいは見ておいた方が良いと思います。

味や量に関しては、十分満足いくものでした。

このお店を利用する人は、菰田シェフとの時間というのも大事にしていると思います。

菰田シェフはかなり気さくで話やすい方ですし、スタッフも非常に教育が行き届いています。

デート利用の時なんかも、スパイスの利いた良い球投げてくれそうな感じです。

ボクが「また来るか?」というと「また行きたい」と思っています。

お金は決して安くありませんが、親孝行だったり、彼女でも連れていったら、喜んでくれるのは間違いないと思います。

シェフがいるときに是非って感じです。

スポンサーリンク