【こどおじレビュー】耳を塞がないワイヤレスイヤホン、ambie

2022年3月14日


スポンサーリンク

ambie・耳を塞がないワイヤレスイヤホン

今回紹介する商品はambie(アンビー)、イヤホンです

ambieはメジャーなメーカーではありませんが、SONY(ソニー)とVCが出資しスピンアウトした企業です。

SONY(ソニー)で培った技術を用いた商品ですが、ノイズキャンセリングの様な没入型の高級イヤホンでなく、もっと気軽なイヤホンということで、SONY(ブランド)を敢えて止め、ambieという新しいブランドで勝負をしています。

このワイヤレスイヤホンの特徴は何と言っても、音楽再生時でも外の音が聞こえることです。

これまでのイヤホンは使用時には、外の音が聞こえないものが殆どですが、ambieに関しては外の音が普通に聞こえます。

構造と音質

ambieの構造としては、写真の様な感じで耳を挟み込む感じで使用します。

普通のイヤホンを耳の中に入れないで、耳の傍で音を鳴らしているといった感じに近いですが、耳に接地しているからか音質はそこまで悪くないです。ただ、耳の穴の中にイヤホンを入れ密閉させて音楽を聞くようなカナル式のものとは音質に関しては全然違うのは間違いありあません。

イメージ的には、飲食店なんかでBGMが流れていると思いますが、あんな感じで耳に入ってくると思って貰えばという感じです。

また、音源の音の大きさによって、聞こえ方がかなり変わります。音源の音が大きいなら、ambieでもそれなりに良く聞こえますが、音源が小さいとスマホ(ambie)の音を大きくしても、そこまで良く聞こえなかったりします。

サブスクの音楽やCD等では問題ないと思いますが、youtube動画なんかですと、動画毎に音質や音が違っているので、小さい声で話している動画なんかで聞こえが良くなかったりします。

使用感

使用感に関しては、個人的にはかなり良いです。

以前はカナル式高級モデル(UEやSUHRE等)を利用していたのですが、使うと必ず耳の穴が痒くなり、必要以上に掻いてしまって、鼓膜に傷がついて病院に行ったこともあります。ヘッドホンに変更しても密閉され、耳の穴が蒸れることで同じように痒くなってしまいます。

この耳の穴の問題と年を取ったことで、音楽に対する興味が一気薄れたこともあり、ここ数年イヤホン、ヘッドホンは使っていませんでした。

ネックスピーカーも持っているのですが、音質的にはネックホンの方が良いですが、クビに掛けておくのは始めの内は良いのですが時間が経つとストレスになります。結果、今では全く使ってないです・・・

一方でambieに関しては、私自身は付けている感覚が非常に少なく、ピアス付けている程度の感じです。ambie使用したまま寝ても問題ないくらいです。

バイク使用時

オートバイ運転時にGoogle MAPのナビゲーションで使用してみましたが、ヘルメットでambieが耳に押し付けられ、密着、密閉度が強くなるので普段よりも通常時よりも音がはっきり聞こえます。

スマホのナビ音声がはっきり聞こえつつ、外の音が聞こえるので凄く良いです!

マイク機能はないので、スマホへの音声指示等は出来ません。

※使用したヘルメットはAGV K6

音漏れ

使用時に音漏れをしているか、知り合いに聞いてみましたが、ボリュームを上げている場合、やはり音漏れはしているようです。

昔のシャカシャカ音みたいな感じではないみたですが、何か音がしているというのは分かるようです。そのため、電車や図書館みたなところでは小さめの音でないと周りの人に迷惑が掛かってしまいますので、注意してください。

Blue Tooth接続

ambieは完全セパレート型のワイヤレスイヤホンです。

音楽を聞くにはBlue Tooth接続をする必要があり、AUXケーブル等を繋げることも出来ません。

そのため、Blue Tooth接続に対応していないPCやその他機器等では利用できないので注意してください。

充電方法

充電方法はUSB充電です。規格はType-Cとなります。

価格とカラー

価格に関しては15,000円(税別)で、全部で6種展開(白、黒、赤、緑、茶、青)ですが、別途着せ替えスキンみたいなものを購入できるので、ベースとなる白、黒の2種展開みたいなものです。

購入検討しウている方は、白はケースも白、黒はケースも黒になりますので、イヤホン本体だけでなく、その辺の好みも考慮した方が良いかと思います。

BEAMS(ビームス)との限定カラー(オレンジ、グレー)が出ているのですが(既に売切れ)、それらに関しては別途Socks(スキンのこと)は用意されていません。

Socksに利用することで、写真の様に左右別々のカラーで利用することも出来たりします。

ちなみに、公式にSocksの交換動画置いてはありますが、付けるのも脱がせるのも非常に難しいです。先にスキンと書きましたいが、本当にコンドームみたいなゴムで出来ており余り強く引っ張たり、爪で摘まむと切れてしまいそうで躊躇してしまいます。

感想

とにかく『耳が痒くならない』『付けていても耳が痛くならない』『外の音が聞こえる』という3点は他の製品には無い特徴で非常に良いです。

耳に入れないイヤホンには、他にも幾つかあり、骨伝導方式のもの、完全セパレートでないもの等がありますが、そーいった商品も試着、比較したのですが、私の使用シーンにおいてはとっても良いです。

Goods偏差値は60くらい

耳を塞がないイヤホン・ambie

スポンサーリンク