【グルメ】いっぺこっぺ(蒲田・とんかつ)

2020年12月19日


スポンサーリンク

いっぺこっぺ

今回は「とんかつ」屋です。

以前紹介した燕楽は、大田区の池上というローカル駅ですが、今回のその近所の蒲田のとんかつです。

有名店の『檍(あおき)』の隣に店を構える『いっぺこっぺ』です。

両店は姉妹店で基本的に同じとんかつが出ますが、カツカレー(いっぺこっぺ)なのか、とんかつ定食(檍)の違いです。

食べログの東京とんかつランキングで13位に入ってくる人気店、名店です。

行列

『檍』が14時まで、『いっぺこっぺ』は15時までとなっております。

両店も行列がないというのは見たことがありません。

隣同士なので、1つの行列に両店が並んでいることはザラなので、店員さんが「カツカレーの方」と誘導してくれます。

今回は13時半くらいに来店したのですが、8人くらいの行列でした。

しかし、運良く『檍』待ちの人ばかりで、待ち無しで入店できましたが、普段は30分くらい待つのはザラです。

で、店内は狭く7-8人のカウンターのみです。

メニューはカツカレー only で、とんかつの種類によって、価格が変わります。

一番安いロースカツカレーはワンプレートで提供され、他のメニューはとんかつとカレーが別々のお皿で提供されます。

池上の燕楽と同じで、特上ロースの場合は揚げ時間が通常のロースカツカレーよりも、時間が掛かるので注意してください。

味とか感想

ボクはとんかつ屋では基本一番高いロースしか頼まないので、今回は特上ロースカツカレー。

とんかつ、カレーともかなりのボリュームで食べ応え十分で、普通に2人前くらいの量はあると思います。

カレーだけで1000円くらい取れそうなので、個人的には相当コスパの良い、安いお店だと思っています。

真ん中のカツを1つとって、カツの上において写真を撮っているのですが、かなりのボリュームで厚さは3㎝近くあります。

写真では、比較的火が通っているように見えると思いますが、実際はピンク色が残っています。

初めの一口目は塩と決めているので、ここに塩を落として食べると、サクサクの衣と脂の甘みを惹き立ててくれます。

美味いとんかつはラードの風味と甘みがやっぱり違う!

カレーはポークカレーで相当ボリュームがあり、カレーだけでもお腹一杯になる人は普通にいると思います。

ソースかけて、カラシを付けて、キャベツと一緒、カレーと一緒も非常にマッチします。

カウンターには、塩2種類とソース、福神漬けが用意されていています。

ヒマラヤ岩塩・ナマックの方は硫黄の香りがするので、好き嫌いがあるかと思います。

とんかつ好きな人は、態々、訪れるのもありのお奨め店です。

今回はカツカレーの『いっぺこっぺ』ですが、隣の『檍』はThe とんかつです。

『檍』も勿論行ったことありますが、こちらも本当に美味しいのでお奨めです。

マップ&アドレス

東京都大田区蒲田5-43-7102

『いっぺこっぺ』は蒲田以外に「羽田」「大門」「飯田橋」にもあります。

『檍』は蒲田が本店だったはずですが、「銀座」「大門」「浅草橋」「馬車道」にもあります。

スポンサーリンク